報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

同居女性に灯油かけ、火をつけた男に懲役9年判決…裁判長「相当残酷で悪質」

 同居する女性に火をつけて殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われたとび職鳥海誠被告(50)(茨城県古河市)の裁判員裁判で、水戸地裁は2日、懲役9年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。小川賢司裁判長は殺意を認定し、「犯行の態様は相当残酷で悪質だ」と述べた。
 判決によると、鳥海被告は市内の自宅で昨年10月3日、同居する女性(当時44歳)に灯油をかけたうえ、ライターで火をつけて全身にやけどを負わせた。
(11/3(水) 14:07 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます