報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

覚醒剤約480キロ密輸 被告の元組長に無期懲役判決 水戸地裁

 ひたちなか市付近の沖合で2017年8月、船で受け渡しする「瀬取り」という手法で覚醒剤約480キロを香港から密輸したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた指定暴力団住吉会系元組長で宇都宮市平出町、無職、海老沢浩被告(60)の裁判員裁判判決公判が22日、水戸地裁で開かれた。寺沢真由美裁判長は求刑通り無期懲役、罰金1千万円の判決を言い渡した。覚醒剤事件で無期懲役判決が下されるのは県内で初めてとみられる。閉廷後、弁護側は控訴する方針を明らかにした。
 寺沢裁判長は判決理由で、香港の反社会的組織との計画、日本国内での準備、陸揚げ後の運搬など、被告が重要なポイントを全て掌握して指揮した唯一の人物だったとして、「日本側の最高責任者の立場にあった」と指摘。「組織的かつ計画的な犯行で、果たした役割は共犯者の中で最も重い」とした。
 大量の覚醒剤を一度に持ち込むことができる瀬取りについては「他の密輸方法に比べ非常に悪質」と述べ、大量の覚醒剤が国内に拡散される危険があった、とした。
 判決を受け弁護側は「前提の事実に誤りがある」として控訴する考えを示した。
 判決によると、海老沢被告らは17年8月21日、ひたちなか市の東方沖で、船から覚醒剤を漁船に積み替え、同22日、同市の那珂湊漁港に陸揚げして輸入した。
(2020年10月22日(木) 茨城新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます