報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

高速道路であおり運転、宮崎文夫被告に猶予付き有罪判決

 茨城、愛知、静岡3県の高速道路であおり運転をしたとして、強要と傷害の罪に問われた大阪市東住吉区、会社役員宮崎文夫被告(44)に対し、水戸地裁(結城剛行裁判長)は2日、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役3年8月)の判決を言い渡した。
 起訴状などでは、宮崎被告は昨年8月、茨城県守谷市の常磐道で、男性会社員の車の前に割り込むなどして無理やり停止させたうえ、男性の顔を殴ってけがを負わせたとされる。愛知県岡崎市の新東名高速道路と浜松市の東名高速道路でも昨年7月、あおり運転をしたとされる。
 検察側はこれまでの公判で、「被告の運転行為は一歩間違えば被害者が命を落としかねず、危険で悪質だ」と主張。弁護側は「社会的影響や処罰感情が大きいことを重視し過ぎるのは妥当ではない」などと訴え、執行猶予の付いた判決を求めていた。
 この事件を受け、悪質な運転に対する社会の関心が高まり、道路交通法に「あおり運転(妨害運転)罪」が新設されるきっかけの一つになった。
(2020/10/02 13:42 読売新聞)

あおり運転殴打の男、保護観察付き有罪判決 水戸地裁

 茨城県守谷市の常磐自動車道で昨年8月に起きたあおり運転殴打事件などで、強要と傷害の罪に問われた会社役員、宮崎文夫被告(44)に水戸地裁(結城剛行裁判長)は2日、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年8月)の判決を言い渡した。
 判決理由で結城裁判長は起訴された3件のあおり行為について「重大な事故を起こしかねず、危険極まりない」と指摘。「運転を妨害されたと感じ、やり返そうという動機は自己中心的で身勝手だ」と述べた。
 一方で、実刑にした場合、同種事案と比べて量刑が重くなることなどを考慮した上で「事件の背景に性格の偏りがある。社会性を身につけさせるための指導が必要だ」として保護観察付き執行猶予とした。結城裁判長は言い渡し後に「裁判所があなたを信じたということ。裏切らないでください」と説諭した。
 法律上の明確な定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し厳罰化した改正道交法の施行前の事件。水戸地検土浦支部は、あおり運転では全国初とみられる強要罪を適用し起訴した。
 判決によると、昨年8月10日、常磐道で20代男性の車に幅寄せや割り込みを繰り返し停車させた上、男性の顔を殴って軽傷を負わせた。同7月23日には、浜松市の東名高速道路と愛知県岡崎市の新東名高速道路で、乗用車とトラックをそれぞれあおって急減速させた。〔共同〕
(2020年10月2日 14:34 (2020年10月2日 18:04 更新) 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます