報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

水戸の乳児院置き去り、29歳母親に有罪判決 「お子さんが幸せな人生を送れるよう、できることしっかり」裁判官説諭

 生後間もない男児を乳児院前に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の罪に問われた、母親で宇都宮市、無職、被告(29)の判決公判が1日、水戸地裁で開かれ、寺沢真由美裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 判決理由で寺沢裁判官は、被告が男児を約7時間放置し、脱水症状などで生命の危険が生じていたとして「相当に非難されるべき行為」と断じた。被告が男児の養育を希望し、家族が支援を誓っていることから、執行猶予が相当とした。
 寺沢裁判官は言い渡し後、「あなたが養育に携われるかどうかは総合的な判断がされると思う。お子さんが幸せな人生を送れるように、あなたができることをしっかりしてもらいたい」と説諭した。被告は涙声で「はい」と応えた。
 判決によると、被告は6月28日午後10時32分ごろ、水戸市小吹町の日本赤十字社県支部乳児院の西側門扉前に、男児を手提げバッグに入れ置き去りにした。
(10/1(木) 20:55 茨城新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます