報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

傷害致死 同僚の尻に空気、懲役4年の実刑 地裁判決 /茨城

 龍ケ崎市の工場で昨年7月、同僚の男性(当時46歳)の尻にエアコンプレッサーを使って空気を入れて死亡させたとして傷害致死の罪に問われた阿見町うずら野4の会社員、吉田佳志被告(35)の裁判員裁判で水戸地裁(小笠原義泰裁判長)は29日、懲役4年(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。
 小笠原裁判長は「からかいの延長線上にある犯行で、思慮が浅い」と指摘した一方、「自らの行為で被害者がけがを負うとの認識すらなかった」と量刑理由を述べた。
 判決によると吉田被告は昨年7月13日午後5時10分ごろ、工場内で同僚を驚かそうと、尻にエアコンプレッサーを押しつけ、空気を噴出。同僚に直腸破裂の傷害を負わせ、死亡させた。【韮澤琴音】
(2019年3月30日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます