報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

筑波山太陽光パネル訴訟 県の不許可、取り消し 「眺望に支障ない」 地裁判決 /茨城

 つくば市の「水郷筑波国定公園」内の私有地に太陽光発電パネルを設置しようとした同市の業者が、筑波山からの眺望への影響を理由に不許可とした県の処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決で、水戸地裁(岡田伸太裁判長)は15日、「眺望に著しい支障を及ぼすとは認められない」として処分を取り消し、県に許可を義務付けた。
(2018年6月16日 毎日新聞)

太陽光設備眺望妨げず 筑波山訴訟、県の不許可取り消し 水戸地裁

 筑波山の景観保護エリア「水郷筑波国定公園」内への太陽光発電所の建設計画を巡り、つくば市の建設業者が県に対し、太陽光発電設備の設置許可申請の不許可を取り消し、許可するよう求めた訴訟の判決が15日、水戸地裁であり、岡田伸太裁判長は「眺望に著しい支障を及ぼすとは認められない」として業者側の請求通り、県の処分を取り消し、設置許可を義務付けた。
 太陽光発電所設置予定の民有地が筑波山山頂などから展望する場合、眺望の妨げになるか否かが争われていた。
 岡田裁判長は、周辺には複数の建物が存在しており、民有地が眺望に占める割合はわずかだとして、「影響は部分的なものにとどまる」と判断。また、業者が樹木の一部温存や植樹をしたり、太陽光パネルの高さを一定程度に抑えたりするなど、景観への影響を軽減する措置を予定していることも考慮した。
 その上で、岡田裁判長は県が業者の申請を許可しないことについて「裁量権の範囲を超え、濫用となると認められる」と結論付けた。
 判決によると、業者は2015年5月、自己が所有する土地に太陽光発電所を設置するため、自然公園法に基づき、県に開発許可を申請。県は16年2月、展望地から筑波山などを見渡す場合、太陽光発電設備が「著しい妨げになる」として申請を不許可とした。
 判決を受け、大井川和彦知事は「主張が認められず非常に残念。今後の対応は判決内容を精査し、検討する」とのコメントを出した。(吉原宗康)
(6/16(土) 4:00 茨城新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます