報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

時速114キロで信号無視して女子中学生を死なせた男に懲役9年 水戸地裁「被害者に落ち度はない」

 茨城県ひたちなか市で平成27年9月、信号を無視して中学2年の根目沢瑠花さん=当時(14)=を乗用車ではねて死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた千葉県匝瑳市の無職、小泉一也被告(29)の裁判員裁判の判決公判が4日、水戸地裁で開かれた。小笠原義泰裁判長は「無謀で非常に危険な運転だ。被害者に落ち度はない」として小泉被告に懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 判決などによると、小泉被告は27年9月25日朝、ひたちなか市市毛の国道6号で信号を無視して時速約114キロで交差点に進入、自転車で横断していた根目沢さんを乗用車ではねて死亡させたとしている。
(2017.7.4 15:35 産経ニュース)

信号無視は「故意」中2死亡事故で懲役9年判決

 茨城県ひたちなか市で2015年9月25日、市立勝田第二中学校2年、根目沢瑠花るかさん(当時14歳)が軽乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(無免許運転)に問われた小泉一也被告(29)(千葉県匝瑳そうさ市)の裁判員裁判で、水戸地裁は4日、懲役9年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。
 争点となっていた信号無視の故意性を認定した。
 地裁には、一般傍聴の26席に対し、希望者35人が訪れ、抽選となった。小泉被告は午後3時前、黒のスーツに青のネクタイ姿で入廷。遺族に一礼し、緊張した表情で証言台の前に立った。
 裁判で弁護側は「矢印信号が表示されていると思い込んでいた」と過失を主張した。だが、判決は、過去に小泉被告が現場交差点を100回程度通過していることなどから、「矢印信号が表示されない赤信号の場合もあると十分に知っていた」と認め、小笠原義泰裁判長は「信号無視の意思はなかったとする供述は不合理」と述べ、過失運転致死罪の適用を求めた弁護側の主張を退けた。
 検察官の隣で判決を聞いた両親は、表情を変えずに前を向いていた。閉廷後、母(42)は取材に対し、「(判決の)結果がどうあれ、瑠花に対して、守ってあげられなくてごめんねという思いは変わらない」と涙を浮かべた。判決では、同種の事案の量刑の中で「重い部類」とされたが、「どうしても9年は短いと感じてしまう」と語った。
 一方、裁判員を務めた2人が記者会見に応じた。50歳代の会社員男性は遺族の意見陳述を聞き、「悲痛な気持ちが伝わってきた。(小泉被告からは)それほど反省が感じられなかったが、これから反省すると思う」と話した。
 事故現場には、今も多くの花が供えられている。根目沢さんと幼稚園から一緒だった女性(16)は「毎日メッセージをやり取りしていたので、今でも亡くなったのが信じられない。もう一度、会って話をしたいという思いは消えない」と語った。
(2017年07月05日 14時19分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます