報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

強制わいせつ 男性教諭、県に管理責任 地裁支部賠償命令 /茨城

 つくば市の県立並木中等教育学校で男性教諭が女子中学生たちにわいせつな行為を繰り返していた事件を巡り、水戸地裁土浦支部の松田典浩裁判長(針塚遵裁判長代読)は18日、学校の管理責任を認め、約1100万円を支払うよう県に命じた。
 被害者の女子中学生4人とその保護者が約5300万円の損害賠償を求めて提訴していた。
 判決は「部活中か近接した時間で、職務に関わる行為と判断できる」と指摘。「元教諭の個人的欲求」として責任を否定した県の主張を退けた。
 判決によると、元教諭は2013年8〜9月、顧問をしていた部活動に所属する女子中学生4人に対し、体を触るわいせつ行為をした。強制わいせつ罪で有罪が確定。懲戒免職処分となった。
 県は「今後の対応は代理人弁護士と相談し、早急に検討したい」とコメントした。【加藤栄、吉田卓矢】
(2018年7月22日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます