報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「地獄を見ろ」と怒声、アカハラ放置と認定…兵庫教育大と元教授に130万円支払い命令 地裁姫路支部

 兵庫教育大大学院(兵庫県加東市)に在籍していた女性が、教授のアカデミックハラスメント(アカハラ)で精神的苦痛を受けたとして、当時教授だった男性と兵庫教育大に慰謝料約1千万円の支払いを求めた訴訟の判決が27日、神戸地裁姫路支部であった。惣脇美奈子裁判長は大学側がアカハラ行為を把握しながら放置したなどと認定し、大学と元教授に計130万円の支払いを命じた。
 原告は兵庫県内の中学教諭、是常(これつね)美穂さん(54)。惣脇裁判長は判決理由で「原告は元教授のアカハラ行為でゼミの移籍を余儀なくされ、研究活動に支障をきたした」とし、大学も適切な措置を取らなかったと指摘。元教授側は公務員の不法行為の責任は個人に及ばないと主張したが、「理由がない」と退けた。
 判決によると、是常さんは大学院在籍時の平成24〜25年、ゼミを指導していた元教授から「一から百まで言わんと分からんのか」「地獄を見ろ」と怒鳴られたり、研究データの削除を強要されたりし、ゼミの変更を余儀なくされた。
 判決後、会見した是常さんは「判決を機に、学生がアカハラの危機にさらされることなく、安心して学べる世の中に変わってほしい」と話した。
 兵庫教育大は「判決内容を精査し、今後の対応を検討したい」とし、元教授は「裁判所の判断を尊重する。原告の方にはおわび申し上げたい」としている。
(2017.11.27 19:43 産経WEST)

アカハラで大学と元教授に130万円の賠償命令 神戸地裁

 兵庫教育大学の大学院に通っていた女性が、当時の教授からの暴言で精神的な苦痛を受けたなどと訴えていた裁判で、神戸地方裁判所姫路支部は、学問の場での嫌がらせなどにあたるアカデミックハラスメントがあったと認め、大学と元教授に賠償を命じる命じる判決を言い渡しました。
中学校教諭の54歳の女性は5年前、兵庫県内の自治体の教育委員会から派遣されて兵庫教育大学の大学院に通っていた際、当時の担当教授から「おばさん」とか「地獄を見ろ」などと暴言を吐かれたり、差別的な扱いをされたりするなど精神的な苦痛を受けたとして、大学と元教授に損害賠償を求めていました。
 27日の判決で、神戸地方裁判所姫路支部の惣脇美奈子裁判長は「元教授は女性の人格を傷つける発言をしていて、担当が変わったあともいやがらせを続けた。大学も安心して研究できる環境を整備しなかった」としてアカデミックハラスメントがあったと認め、大学と元教授におよそ130万円を支払うよう命じました。
 元教授は「裁判所の判断を重く受け止め、深く反省しています」と話しています。一方、兵庫教育大学は「判決文が届いていないのでコメントは差し控えたい」としています。
(11月27日 19時08分 NHK)

ゼミ生に「地獄を見ろ」 兵庫教育大の元教授に賠償命令

 兵庫教育大学(兵庫県加東市)の大学院でアカデミック・ハラスメント(アカハラ)を受けたとして、県内の中学校教諭の女性(54)が、元教授の60代の男性と大学を相手取り、慰謝料など計約1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、神戸地裁姫路支部であった。惣脇美奈子裁判長はハラスメントを認め、元教授と大学に計130万円の賠償を命じた。
 判決によると、女性は2012年4月に入学し、不登校の研究を専門にしていた元教授のゼミに所属していた。惣脇裁判長は、元教授が指導中に「地獄を見ろ」と発言したことについて「不合理な叱責(しっせき)」と指摘するなどハラスメントがあったと判断。大学側についても「安心して研究に取り組めるような環境を整備する義務に違反した」などと指摘した。
 大学はハラスメントをしたとして元教授を14年3月に減給の懲戒処分にし、元教授は15年3月、自己都合で退職した。
 兵庫教育大学の総務企画課は「まだ判決文が届いておらずコメントできない」としている。
(2017年11月27日19時25分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます