報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

殺人などの罪で男に懲役22年

 西宮市のマンションの職場で知り合った60代の女性を、刃物で切りつけて殺害したとして、殺人などの罪に問われた70歳の男の裁判員裁判で、神戸地方裁判所は男に懲役22年の判決を言い渡しました。
 西宮市内のマンションの清掃員だった市川守被告(70)は、同じ職場で受け付けとして働く67歳の女性を、去年7月、マンションで待ち伏せしてナイフで切りつけて殺害したとして、殺人などの罪に問われていました。
 裁判の中で、検察は懲役22年を求刑し、弁護側は反省しているなどとして、刑を軽くするよう求めていました。
 5日の判決で、神戸地方裁判所の小倉哲浩裁判長は「被害者から交際関係を解消されたと思い、被害者と別れた人生は無意味であると絶望し、殺害を決意した」と述べました。
 そして、「平成14年にも、当時の妻が離婚話をしたことに絶望し、妻を殺害して刑務所で服役し、その刑の執行が終了してからわずか5年半ほどで殺人という重大な犯罪に及んでいる。被告は自己中心的なゆがんだ考えがあり、殺害を決意したいきさつは極めて強い非難に値する」と指摘しました。
 その上で、反省していることは考慮できず、科すことができる上限の刑を言い渡すことが相当だとして、懲役22年を言い渡しました。
(02月05日 16時34分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます