報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元西宮市職員らに有罪判決 新型コロナ持続化給付金詐欺 神戸地裁

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金を詐取したとして、詐欺罪に問われた西宮市監査事務局の元副主査の男(39)=尼崎市、懲戒免職=と、建設作業員の男(30)=大阪市=の判決公判が13日、神戸地裁であり、岡本康博裁判官はそれぞれに懲役1年6月、執行猶予4年(それぞれ求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 判決によると、元副主査の男は知人の建設作業員の男を、給付金の申請代行をしていた神戸市東灘区の不動産会社社長の男被告(49)=同罪で公判中=に紹介。3人は共謀し昨年6月、建設作業員の男の職業や売り上げの減少額を偽って申請し、100万円をだまし取った。
 岡本裁判官は「審査が簡素な制度の特性を突いた巧妙で大胆な犯行」と指摘した。
(1/13(水) 18:34 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます