報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

猪名川・女児刺殺、母親に有罪判決 責任能力認める

 兵庫県猪名川町の民家で2019年9月、小学2年の女児=当時(7)=が首などを刺されて死亡した事件で、殺人罪に問われた母親(43)に対する裁判員裁判の判決公判が8日、神戸地裁であった。小倉哲浩裁判長は、母親に刑事責任能力があったとして懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。公判で弁護側は、母親が事件当時、心神喪失状態だったとして無罪を主張していた。
 判決などによると、母親は19年9月8日午前4時ごろ、自宅で娘の首などを包丁で刺すなどし、失血死させた。事件当時、母親も自身の腹部を刺して一時入院。神戸地検は、刑事責任能力を調べるための鑑定留置を行い、今年1月に起訴した。
 公判で検察側は「正常な思考や判断能力は少し残されていた」とする精神科医の証言などから、刑法で刑を軽くすべきと定める「心神耗弱」状態だったと主張。弁護側は、母親が被害妄想を伴う重度のうつ病で、刑罰を科さない「心神喪失」だったと訴えていた。
 判決で小倉裁判長は、母親が事件前日まで日常生活を送っていたことや、娘を刺すまで約2時間ためらっていた点から「正常な心理が残存していた」と指摘。その上で「病気でなければ犯行はなかった。今は治療に専念することが大事」とした。
(2020/7/8 11:50 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます