報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「尊厳踏みにじる非道な犯行」入院患者にわいせつ行為させた元看護士に猶予付き有罪判決

 神戸市の精神科病院で、入院患者にわいせつな行為をさせた罪に問われた元看護師の男に対し、神戸地方裁判所は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 神戸市西区にある「神出病院」の元看護師・船引健志被告(33)は、おととし、同僚の看護師らと共謀し、精神障害のある入院患者2人にキスをさせるなどした、準強制わいせつの罪に問われています。
 これまでの裁判で、船引被告は起訴内容を認めていました。
 15日の判決で、神戸地裁(小倉哲浩裁判官)は「被害者の人間としての尊厳を踏みにじる、非道な犯行だ」と指摘しました。
 一方で「犯行に加担したこと自体は安易としか言いようがないものの、主導したのは共犯者らで従属的な面があった」として、船引被告に懲役3年・執行猶予4年を言い渡しました。
(7/15(水) 19:45 関西テレビ)

患者虐待事件 元看護師有罪判決

 神戸市の病院で入院患者を虐待したとして準強制わいせつの罪に問われた33歳の元看護師の男に対し、神戸地方裁判所は執行猶予がついた有罪判決を言い渡しました。
 神戸市西区の精神科病院「神出病院」に勤務していた元看護師、船引健志被告(33)は、おととし10月、元看護助手ら2人とともに、入院患者どうしで無理やりわいせつな行為をさせたとして、準強制わいせつの罪に問われました。
 これまでの裁判で、検察は懲役3年を求刑し、弁護側は執行猶予のついた判決を求めていました。
 15日の判決で、神戸地方裁判所の小倉哲浩裁判官は、「人間の尊厳を踏みにじる非情な犯行であり卑劣な行為だ。しかし、共犯者に従属していた面があり、『一生看護師の仕事をしない』などと反省している」と述べて、懲役3年、執行猶予4年を言い渡しました。
神出病院をめぐっては、ほかにも入院患者を虐待したとして5人が起訴され、すでに、このうちの元看護師1人が執行猶予がついた有罪判決を受けています。
(07月15日 12時37分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます