報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

柔道の授業中に大けが 兵庫県に180万円賠償命令

 猪名川高校(兵庫県猪名川町)の柔道の授業中に同級生と対戦し、長期間入院する大けがを負ったとして、当時同高1年だった男性(22)が県に約590万円の損害賠償を求めた訴訟で、神戸地裁(齋藤聡裁判長)は29日、県に約180万円を支払うよう命じる判決を言い渡した。
 判決によると、男性は2013年10月、体育教諭の指導の下、有段者で体重が倍ある同級生(約106キロ)と対戦。無理な体勢での攻防が続いた結果、男性が意識を失って倒れ、脊髄を損傷した。
 柔道経験や体格の差を十分に配慮せず、無理な体勢での攻防を漫然と見過ごしたことなどから、体育教諭の安全配慮義務違反を認めた。また「高校1年生というかけがえない時期に学校生活を送れなかった」などとし、県に約180万円の支払いを命じた。
 原告側代理人によると、男性は現在は回復したが、体に力が入らない時もあるという。男性の父親(58)は「学校側の責任を認めてもらえて良かった」とコメント。県教育委員会は「判決内容を検討し、今後の対応を考える」としている。
(2020/5/29 21:11 神戸新聞)

柔道授業でまひ 県に180万円賠償命令 地裁判決 /兵庫

 県立高校で2013年、柔道の授業で負傷し両脚がまひしたのは男性教諭の安全配慮義務違反が原因だとして、当時1年の男性(22)が約590万円の損害賠償を県に求めた訴訟の判決で、神戸地裁は29日、「無理な体勢での攻防を見過ごしたのが原因」として約180万円の支払いを命じた。
 斎藤聡裁判長は判決理由で、練習相手の同級生は柔道初段で、体重は男性より50キロ以上重かったと指摘。寝技の攻防で、男性が体を反らせる無理な姿勢が長く続いていたとして「教諭は事故の危険を予測できた」と判断した。
 判決によると、男性は13年10月、体育で柔道を習っている最中に意識を失い、倒れて腰を負傷し両脚にまひが生じた。
 県教育委員会は「判決の中身を検討し、対応を考える」としている。
(2020年5月31日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます