報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

4児自宅放置で夫婦に有罪判決 地裁 /兵庫

 乳幼児4人を自宅に放置してパチスロをしに出掛けたとして、保護責任者遺棄の罪に問われた神戸市須磨区の高島伸也被告(36)と妻裕美被告(38)に対し、神戸地裁は17日、「放置は長時間で危険性が高かった」としていずれも懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。
 事件を巡っては、4人のうち生後3カ月の三男政宗ちゃんが死亡。県警の捜査では死因は不明で、放置との因果関係は確認できなかった。
 松井修裁判官は「動機にくむべきものはない。実子を保護する責任がある者として非常識だ」と指摘。一方、2人が反省しているとして執行猶予を付けた。
 判決によると、2019年11月26日午前、パチスロで遊ぶため集合住宅の一室に長男(5)と長女(4)、次男(1)、政宗ちゃんの4人を放置してパチンコ店に出掛けた。
(2020年4月18日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます