報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ポルシェ追突死で懲役8年 時速216キロ危険運転認定

 兵庫県尼崎市の阪神高速道路で2018年11月、ポルシェを時速216キロで無免許運転し死亡追突事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた医師、久保田秀哉被告(51)=同県芦屋市=の裁判員裁判で、神戸地裁(小倉哲浩裁判長)は27日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 小倉裁判長は判決理由で「時速216キロで右カーブに進入し、車体が横滑りして制御できなくなった」として危険運転致死が成立すると認定。弁護側の「カーナビ操作による脇見運転が原因」との主張を退けた。
 また他の車に追い抜かれ、速度を上げて追い掛けたとして「制限速度の3.5倍を超え、交通法規を守ろうとする意識が欠如している。遺族は厳正な処罰を求めている」と述べた。
 判決によると、18年11月25日、阪神高速でポルシェを時速216キロで無免許運転し、制御困難になってトラックに追突して横転させ、運転手の男性(当時70)を死亡させた。
(2020/1/27 21:34 日経新聞)

ポルシェ衝突死で懲役8年 時速216キロは危険運転

 兵庫県尼崎市の阪神高速神戸線で2018年11月、ポルシェのスポーツカーで暴走してトラックに衝突し、トラック運転手(当時70)を死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた医師久保田秀哉被告(51)=同県芦屋市=に対する裁判員裁判の判決が27日、神戸地裁であった。小倉哲浩裁判長は「被告の運転行為は極めて非常識かつ危険」として懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 判決によると、久保田被告は18年11月25日、阪神高速神戸線上りで、BMWに追い抜かれて追走し、制御困難な時速216キロでカーブに進入し、前方を走っていたトラックに衝突して運転手を死亡させた。久保田被告は当時、スピード違反で運転免許取り消し処分を受けて無免許運転だった。
 弁護側は「カーナビ操作による脇見運転が原因」として、危険運転致死罪は成立しないと主張。判決は「不安定な状態でカーナビの操作をしていたとは考えにくい」として退けた。
(2020年1月27日 18時41分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます