報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

傘で81歳女性の後頭部殴りかばん奪う 76歳男に猶予判決

 当時81歳だった女性を殴って現金入りのかばんを奪ったとして、強盗致傷罪に問われた神戸市垂水区の無職の男(76)に対する裁判員裁判の判決公判が14日、神戸地裁であった。芦高源裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 判決などによると、昨年8月8日午後3時前、同区の住宅街にある階段で、女性の後頭部を折りたたみ傘で殴り、現金約1万5500円や財布など14点が入ったかばん(時価計約7千円)を奪った上、頭などに加療8日間のけがを負わせた。
 公判で検察側は「階段から転落すれば、頭を打って死亡する危険性が大きかった」とし、凶器を使った同種事案で「執行猶予が付いたのは2件のみ」と実刑判決を求めていた。
 芦高裁判長は「収入などを無計画に費消するなどした結果、借金返済に窮し、犯行に及んだ」「抵抗力の弱い高齢者を狙った卑劣な犯行」と指摘した。一方で「凶器は普段から持ち歩いていた折りたたみ傘で、刃物などと比べて危険性は高くない。暴行の強度も特に強くない」と判断。被害者と示談が成立し、男が謝罪の言葉を述べ、妻子は監督を約束しており「社会内更生を期待することは十分可能」とした。
 判決言い渡し後、芦高裁判長は「あなたは証言を聞き、被害者がどれだけ苦しまれたか、十分に分かったと思う。二度とこのような事件を犯すことがないように」と諭した。
(2019/2/15 05:55 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます