報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

米国人被告に懲役8年判決 大阪・民泊女性遺体事件

 兵庫県三田(さんだ)市の女性会社員(当時27)の切断遺体が大阪、京都両府内の民泊部屋や山中で見つかった事件の裁判員裁判で、神戸地裁(川上宏裁判長)は22日、傷害致死と死体損壊・遺棄罪に問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)に懲役8年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。
 判決によると、バイラクタル被告は昨年2月、大阪市東成区のマンション内にある民泊部屋で女性の首を圧迫して窒息死させたうえ、女性の遺体を損壊して京都市山科区の山中や大阪市西成区の民泊部屋などに遺棄した。
 判決は「被害者に落ち度はなく、被害者の無念さは察するにあまりある」としたうえで、被告が女性を死亡させた経緯について「偶発的な犯行」と認定。遺体の損壊・遺棄行為に関しては「事件の発覚を免れるため死者への尊厳を著しくないがしろにした」と厳しく非難したが、被告が罪を認めて捜査に協力した点なども考慮し、量刑を導いた。
 女性の父親は判決後に会見し、「真実がわからないまま裁判が終わった。非常に残念」とコメントした。
(2019年1月22日19時57分 朝日新聞)

民泊女性遺体で懲役8年 米国籍の男に神戸地裁

 大阪の民泊施設などで昨年2月、兵庫県三田市の女性会社員(当時27)の切断遺体が見つかった事件で、傷害致死と死体損壊・遺棄の罪に問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)の裁判員裁判の判決が22日、神戸地裁であった。川上宏裁判長は「未来が断ち切られ、無念は察するに余りある」として懲役8年(求刑懲役13年)を言い渡した。
 川上裁判長は「出会い系アプリで出会った被害者の首を両手で絞めた」と認定。発覚を免れるためにインターネットで切断方法を調べ、遺体を捨てたとして「死者の尊厳を著しくないがしろにした」と指摘した。
 一方、起訴内容を認め、反省の態度を示していることなどを被告に有利な事情と考慮した。
 判決によると、昨年2月16日未明、大阪市東成区の民泊施設のマンションで女性の首を圧迫して窒息死させ、同日以降に菜切り包丁などで遺体を切断。京都市山科区と大阪府島本町の竹やぶやトンネルに手脚と胴体を、大阪市西成区の民泊に頭部を放置した。
 被害者参加制度を利用して法廷で判決を聞いた女性の父親が閉廷後、記者会見し「遺体の損壊状況を示す写真やイラストが証拠に採用されず、裁判員に被害の状況が詳細に伝わらなかったのは残念だ」と話した。〔共同〕
(2019/1/22 17:31 日経新聞)

大阪・民泊事件 被害者父、量刑に「疑問」 地裁判決で /兵庫

 「判決は本当に正しいのか」−−。大阪や京都で三田市の女性会社員(当時27歳)の切断遺体が見つかった事件。傷害致死と死体損壊・遺棄の罪に問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)に対し、神戸地裁が22日に言い渡した判決は求刑を5年下回る懲役8年だった。記者会見した女性の父親は「首を絞めた状況さえうやむやだ。遺族としては疑問」と胸の内を語った。【望月靖祥、黒川優】
 判決によると、バイラクタル被告は昨年2月16日未明、大阪市内の民泊施設で、女性会社員の首を両手で絞めて急性窒息死させ、京都市山科区の竹やぶに切断した遺体を捨てるなどした。
 川上宏裁判長は「最愛の家族らを残して亡くなった被害者の無念さは察するに余りある」と女性の心情をくんだものの、被告の反省を考慮した量刑は、遺族の納得がいくものではなかった。
 バイラクタル被告は通訳を介して判決を聞く間、誰とも目を合わせないように視線をやや下に向けていた。これまでの法廷での被告の態度について、父親は「直接は顔を合わせなかったので、反省は伝わってこなかった」と批判した。
 遺族側の弁護士は「下がっても懲役11年か12年と考えていた」と述べた。遺体の写真が裁判員に示されなかった点については「裁判員に心理的負担はかかるが、遺族としては悲しい。裁判員が負担にならないように証拠を出せる制度設計が必要だ」と指摘した。
(2019年1月23日 毎日新聞)

このページへのコメント

犯人の出身地であるニューヨークなら二級殺人で十年以上は入るんじゃないの?

0
Posted by ほいほい 2019年01月27日(日) 17:18:17 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます