報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

日本触媒爆発で元課長ら3人有罪 神戸地裁

 兵庫県姫路市の日本触媒姫路製造所で平成24年、消防隊員1人が死亡、従業員ら36人が負傷した爆発事故で、業務上過失致死傷罪に問われた製造所の当時の課長、本藤昌宏(もとふじまさひろ)被告(62)ら3人の判決公判が19日、神戸地裁で開かれ、小倉哲浩(あきひろ)裁判長は本藤被告に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)を言い渡した。
 当時の主任技術員、宗近史郎(むねちかふみお)被告(61)と現場のアシスタントリーダー、明神英雄(みょうじんひでお)被告(49)はそれぞれ禁錮1年6月、執行猶予3年(同1年6月)と禁錮8月、執行猶予3年(同1年)。
 労働安全衛生法違反罪に問われた同社は求刑通り罰金50万円とした。
 小倉裁判長は判決理由で「危険物を貯蔵するタンクに対する(3被告の)安全管理意識が希薄。社の体制も問題」と非難。「無関心といえるほど危険回避措置を怠った」と指弾した。
 判決によると、3人は24年9月29日午後2時半ごろ、同製造所内のタンクを爆発させ、消防隊員らを死傷させた。
(2018.7.19 10:51 産経WEST)

姫路・爆発事故 日本触媒の3人に有罪判決 神戸地裁 業務上過失致死傷など 法人として罰金50万円

 兵庫県姫路市の日本触媒姫路製造所で2012年9月、アクリル酸貯蔵タンクが爆発して37人が死傷した事故で、業務上過失致死傷などの罪に問われた当時の製造担当課長、本藤昌宏被告(62)ら3人に対する判決が19日、神戸地裁であった。小倉哲浩裁判長は「注意義務があり、事故は予見できた」と述べ、本藤被告に禁錮2年、執行猶予3年(求刑・禁錮2年)を言い渡した。
 また、いずれも部下で当時の主任技術員(61)が禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)、当時のアシスタントリーダー(49)は禁錮8月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年)。労働安全衛生法違反の罪に問われた法人としての日本触媒(大阪市)も求刑通り罰金50万円とした。
 判決によると、3被告は引火性のあるアクリル酸の温度管理を怠り、12年9月29日にタンクを爆発させ、消火に当たった姫路市消防局の男性隊員(当時28歳)を死亡させたうえ、作業員ら36人にやけどなどを負わせた。
 被告側は「想定外の要因が重なった」として予見性を否定し、無罪を主張していた。
 日本触媒は「判決を厳粛に受け止め、再発防止策を徹底して安全文化の醸成に努めます」とのコメントを発表した。【望月靖祥】
(2018年7月19日 11時42分(最終更新 7月19日 12時27分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます