報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

知人両親を刺傷「一方的に逆恨み」 男に実刑判決

 知人の両親を刺すなどしたとして、殺人未遂と傷害などの罪に問われた無職の男(32)=大阪府寝屋川市=の裁判員裁判が15日、神戸地裁であり、小倉哲浩裁判長は懲役8年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。
 判決によると、知人に慰謝料などの名目で現金支払いを求めようとしたが、知人の両親が居場所を教えてくれないことなどに立腹。両親が営む西宮市内の美容室で昨年7月30日、父親=当時(62)=の首や後頭部を果物ナイフで切り付けて殺害しようとし、母親=同=の顔面を殴って骨折させるなどした。
 弁護側は、過去に覚醒剤使用を続けた後遺症などの影響があり、心神耗弱状態だったと主張していた。
 小倉裁判長は「後遺症が一定の影響を与えた」としたが「疾患は責任能力の程度に大きな影響を与えるものではない」と判断。「一方的に逆恨みし、いきなり営業中の店舗に押し入った理不尽な事件で、非常に悪質」と非難した。
(6/15(金) 20:23 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます