報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

三宮オーパ賃料訴訟 ビル側に8820万円返還命令

 JR三ノ宮駅と直結する三宮ターミナルビル内で、2月末に閉店する商業施設「三宮オーパ」について、運営会社OPA(千葉市)とビル側が賃料を巡って対立し、訴訟に発展していたことが21日、分かった。神戸地裁は同日、2012年12月22日〜昨年6月24日の賃料をOPAが過大に支払っていたとし、ビル側に約8820万円の返還を命じる判決を出した。
 判決によると、OPAがビル側に支払っていた賃料は月額で約3640万円だった。OPAは12年12月、借地借家法に基づき賃料の減額を請求。反対に、ビル側は13年2月に同法に基づく賃料の増額を求めた。
 OPAとビル側はともに同年に提訴。訴訟で、OPAは賃料を月額約2820万円と主張し、ビル側は月額約4180万円を求めた。
 同地裁の山口浩司裁判長は判決で、双方が直近で賃料について合意した時期は05年9月だったと判断。12年12月までに、経済状況の変化などで当時の賃料が不相当になったとした。OPAの減額請求により、同月22日以降の賃料は「月額約3490万円に変更されたと認められる」とし、ビル側に差額の返還を命じた。
 ビル側は判決後、「担当者が不在のためコメントできない」とした。同ビルは3月末に閉館する。
(2/21(水) 22:33 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます