報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

タクシー違反容認で管理者免停「処分は違法」 神戸地裁判決

 兵庫県明石市のタクシー会社の統括運行管理者の男性が乗務員の常習的なスピード違反を容認していたことなどを理由に運転免許停止処分になったのは違法だとして、兵庫県に慰謝料110万円を求めた訴訟の判決で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は30日、「処分は違法」として県に22万円の支払いを命じた。
 判決によると、県警は昨年4月、男性が法定速度順守などを指導する立場にありながら日常的に速度超過を容認し、有効な防止策を取らなかったなどとして30日間の免停処分とした。
 この処分は、違反行為を容認する管理者側も処分する警察庁の通達に基づいており、県警は「基準は道路交通法に照らして合理的で処分に違法性はない」と主張。男性は「危険性を具体的に慎重に判断する基準でなく違法」などと訴えた。
 山口裁判長は「処分基準は十分に合理的」とする一方、タクシー乗務員ではない男性の運転について「『危険を生じさせる恐れがある』と評価できず、県警は評価を誤った」とした。
 県警の長谷中馨監察官室長は「判決内容を検討し、関係機関と協議の上、対応を決めたい」としている。
(12/1(土) 7:30 神戸新聞)

タクシー管理者免停は違法、兵庫

 兵庫県明石市のタクシー会社の統括運行管理者の男性が、乗務員の常習的なスピード違反を黙認していたことを理由に運転免許停止になったのは違法だとして兵庫県に慰謝料を求めた訴訟で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は30日、処分が違法だったとして県に22万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 山口裁判長は判決理由で「事業所で安全運転の認識が欠けていた」と指摘。一方、男性の交通違反歴が少ないことなどから「著しく交通の危険を生じさせるとは評価できない」として、免停は違法と判断した。
(11/30(金) 22:24 共同通信)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます