報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ひき逃げ事故で男性に無罪

 神戸市須磨区で1月、路上であおむけになっていた男性=当時(70)=を普通トラックではね、死亡させたのにそのまま逃げたとして、道交法違反などの罪に問われた会社員男性(53)の判決が24日、神戸地裁であった。村川主和裁判官は「人に傷害を負わせた認識があったと認めることはできない」として、無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 事故は1月19日夜に発生した。村川裁判官は「前照灯の照射距離の範囲外から被害者を確認するのは相当に困難だった可能性が十分にある」と指摘。被害者に気付いたとしても停止するまでの間に「十分な余裕があるとはいえず、事故を回避できなかった疑いは残る」とした。
 その上で、「人が車道に横臥(おうが)している事態は格段にまれで、通常の落下物に乗り上げた場合の衝撃と質的に異なることを示す客観的証拠はない」などとし、「人をひいた可能性を認識していたと推定するに足る事情はない」と結んだ。
 神戸地検は「上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。
(2018年10月24日 21時00分 時事通信)

ひき逃げ死亡事故の男性に無罪判決/兵庫県

 ことし1月道路に横たわっていた男性を車でひいたとして、ひき逃げなどの罪に問われた男性に対し、神戸地裁はきのう無罪を言い渡しました。
 「注視しても回避できなかった疑いある」として神戸地裁は無罪判決を言い渡した
 この事故はことし1月、神戸市須磨区の市道に横たわっていた当時70歳の男性が車にひかれ死亡したもので、車を運転していた男性(53)がひき逃げと過失運転致死の罪に問われ、裁判では過失の有無などが争点となっていました。
 きのう神戸地裁で開かれた判決公判で村川主和裁判官は「前方などを注視していても事故を回避できなかった疑いが残る」などとして過失を認めず、男性に無罪を言い渡しました。
(10/25(木) 21:44 サンテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます