報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

バーベキュー中の傷害致死「危険で悪質」実刑判決 神戸地裁

 バーベキュー中にけんかとなった中学時代の同級生の男性を暴行し死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた西宮市甲子園口の無職男(29)の裁判員裁判判決公判が23日、神戸地裁であった。芦高源裁判長は懲役4年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 芦高裁判長は判決で、男が被害男性の挑発するような発言に腹を立てたとし、「男性は男と別の知人とのけんかを止めようとしてあえてそのような言動をした。落ち度はない」と指摘。「暴行は危険かつ悪質で偶発的とは言えず、執行猶予付き判決は相当ではない」と判断した。
 判決によると、昨年4月16日夕、芦屋市内のバーベキュー場で、同市業平町の男性=当時(28)=の顔を数回殴るなどし、同月24日夜に死亡させた。
(1/23(火) 12:28 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます