報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性を縛り現金や宝飾品奪う 実行役の男に懲役6年6月判決

 兵庫県明石市内の金融業の女性=当時(78)=宅に昨年5月、男が押し入り現金などが奪われた事件で、強盗致傷や窃盗などの罪に問われた住所不定の無職、大内敬輔被告(37)の裁判員裁判の判決公判が20日、神戸地裁であった。小倉哲浩裁判長は懲役6年6月(求刑懲役9年)を言い渡した。
 判決によると、複数の男と共謀し、昨年5月22日午前0時半ごろから同0時45分ごろ、明石市の駐車場で乗用車1台などを盗み、その後、同市の女性宅に侵入し、女性の腕や足を結束バンドで縛って全治約1週間のけがを負わせ、現金約140万円やネックレスなどを奪った。
 小倉裁判長は判決で「女性の拘束や金庫の運搬など重要な役割を果たしたが、強盗の立案には関与せず、事前の計画や指示に基づき行動した」と指摘した。
(9/20(水) 18:42 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます