報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

判決文偽造の弁護士に有罪「司法の信頼損なう」 神戸地裁 

 提訴手続きを怠ったのを隠すため、民事訴訟の判決文を偽造し関係者に送ったとして、有印公文書偽造、同行使の罪に問われた兵庫県弁護士会の弁護士、堀江幸弘被告(37)=京都市西京区=に神戸地裁は4日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。
 小倉哲浩裁判長は判決理由で、提訴手続きをしていないことが依頼者に発覚しないようにしたとの動機を「身勝手」と批判。偽造を見破るのが難しい体裁になっていたと指摘し「弁護士の知識と経験を悪用し、公文書や司法の信頼を大きく損なった」と述べた。
 一方で、私欲のためではないことや示談成立を猶予の理由とした。
 判決によると、兵庫県加西市の自治会が依頼した土地登記の訴訟を巡り、今年3月、神戸地裁社支部と大阪高裁の実在の裁判官名義で「被告は所有権移転登記手続きをせよ」「控訴を棄却する」といった内容の判決文2通を偽造し、加西市役所などにファクスした。 兵庫県弁護士会の白承豪会長は「司法制度の根幹を揺るがし遺憾。真摯に受け止め再発防止に取り組む」との談話を出した。
(2017.7.4 19:46 産経WEST)

判決文偽造 弁護士に有罪 地裁判決 /兵庫

 民事訴訟の判決文を偽造したとして、有印公文書偽造・同行使の罪に問われた県弁護士会所属の弁護士、堀江幸弘被告(37)=京都市西京区=に対し、神戸地裁は4日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。小倉哲浩裁判長は「弁護士としての知識や経験を悪用し、司法の信頼性を大きく損なわせた」と述べた。
(2017年7月5日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます