報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

19歳少年に懲役6〜8年 兵庫・西宮の暴行死事件

 兵庫県西宮市で2月、無職、山地直人さん(当時18)が知人の少年2人から暴行を受け死亡した事件で、神戸地裁は13日の裁判員裁判の判決公判で、傷害致死罪に問われた同市の無職少年(19)に懲役6年以上8年以下(求刑懲役6年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。
 共犯の無職少年(19)には今月、懲役7年以上9年以下の不定期刑判決が出ていた。
 判決によると、2人は共謀し2月4日、西宮市の公園や岸壁で、ヘルメットで頭を殴打するなど激しく暴行し、脳損傷で死亡させた。
 小倉哲浩裁判長は判決理由で、13日に判決の少年は、行動をともにしていた山地さんに何度も暴力をふるっていたとして「仲間の間で暴力を許す雰囲気づくりをしていた」と指摘。事件当日も山地さんの態度など一方的な理由で最初に暴行し共犯少年の暴行を誘発。「致命傷は共犯少年が与えた可能性が高いが同様の責任がある」と述べた。〔共同〕
(2017/12/14 9:47 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます