報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

西宮市の障害者施設入所者への虐待の罪で元職員に実刑判決

 西宮市の障害者支援施設で、複数の入所者に虐待をしたとして傷害などの罪に問われた元職員に、神戸地方裁判所尼崎支部は実刑判決を言い渡しました。
 西宮市にある重度の知的障害や身体障害がある人の支援施設、「西宮すなご医療福祉センター」に勤務していた和田直宏被告(33)は、去年6月からのおよそ1か月に、入所者5人の背中を叩いたり首を踏みつけたりしたとして、傷害と暴行の罪に問われました。
 裁判の中で、検察は懲役3年6か月を求刑し、弁護側は「反省している」として、執行猶予の付いた判決を求めていました。
 28日の判決で、神戸地方裁判所尼崎支部の佐川真也裁判官は「施設の病室という閉鎖空間において、抵抗や逃げること、そして、みずから被害を申告することができない重度の心身障害者だから犯行に及んだ」と指摘しました。
 その上で、「ほかの職員の目の届かない間に行われた卑劣極まりない虐待行為で、1か月にのべ27回と反復的に行われ、常習性も顕著だ。不得手なリーダー業務や人間関係のストレスのはけ口としての犯行に、酌量の余地はない」と述べて、懲役2年4か月の実刑判決を言い渡しました。
(06月28日 16時35分 NHK)

障害者施設元職員に実刑判決 日常的に入所者虐待

 西宮市の障害者施設で入所者を虐待したとして、傷害と暴行の罪に問われた元職員の男に対し、神戸地裁尼崎支部は懲役2年4カ月の実刑判決を言い渡しました。
 西宮市の障害者支援施設「西宮すなご医療福祉センター」の元職員(33)は、去年6月から7月に、重度の障害がある入所者5人に対し、蹴ったり、顔を床に叩きつけたりするなどの虐待を繰り返したとして傷害と暴行の罪に問われていました。
 これまでの裁判で男は起訴内容を認め、検察側は、「被害者の人格・尊厳を踏みにじる行為」として懲役3年6カ月を求刑していました。
 判決で、神戸地裁尼崎支部の佐川真也裁判官は、「抵抗や回避、被害の申告ができない障害者を相手にした卑劣極まりない虐待行為」と指摘。「14日間で27回にわたり暴行をするなど、常習性も顕著」だと述べ、男に懲役2年4カ月を言い渡しました。
(2021年06月28日(月曜日) 18:16 サンテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます