報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

スマホ通話しながらトラック運転、タクシーに衝突し女子大生死亡 男に禁錮3年6月判決

 兵庫県尼崎市内で昨年11月、大型トラックがタクシーに衝突して乗客の女子大学生が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた島根県松江市、被告の男(51)の判決公判が22日、神戸地裁尼崎支部であり、佐川真也裁判官は禁錮3年6月(求刑5年)を言い渡した。
 判決によると、被告は昨年11月19日午前、運転中にスマートフォンでの通話に気を取られ、赤信号を無視して交差点に進入しタクシーと衝突。運転手の男性に重傷を負わせ、乗客の女子大学生=当時22歳=を死亡させた。
 公判で被告は、携帯電話で同僚と雑談中だったとし、荷下ろしが終わって気が緩んでいたなどと語った。検察側は、被告が「ながら運転」を常態化させていたと主張。佐川裁判官は事故を「およそ考えがたいような無謀かつ危険きわまりない運転の結果」と述べた。
(11/22(月) 20:34 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます