報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

糸魚川の乳児殺害 被告に懲役8年 「養女に比べ責任大」 地裁判決 /新潟

 糸魚川市の自宅で2014年、妻の連れ子である養女(31)=懲役4年の実刑判決確定=との間に生まれた乳児(男児)を養女に殺害させ、遺体を捨てたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた中村栄志被告(67)の裁判員裁判の判決公判が27日新潟地裁であり、山崎威裁判長は懲役8年(求刑・懲役12年)を言い渡した。
 判決によると中村被告は14年7月1日ごろ、自宅2階の寝室で、養女と共謀のうえ養女に乳児をカッターナイフで殺害させ、2人で遺体をビニール袋に入れた上で、中村被告が県内またはその周辺に遺棄した。
 山崎裁判長は「避妊や中絶など乳児の殺害を避けるための努力をすべきだった被告の責任が共犯者の養女に比べ格段に大きいことは明らか」だと指摘。「子供が生まれたら殺せばよいと考えていたとしか思えず、極めて身勝手」だとした。
 弁護側はこれまでの公判で「乳児の遺体は発見されておらず、養女の証言も信用性に欠ける」と無罪を主張していた。しかし山崎裁判長は「警察が養女の案内に基づき捜査した結果、03年に養女が殺害した乳児の骨が発見されており、14年の事件とは別件であったとしても養女の話に虚偽があったとは考えにくい」とした。
 裁判後、弁護側は控訴の予定について「被告と検討して決めたい」と話した。【井口彩】
(2018年6月28日 毎日新聞)

糸魚川乳児殺害 養父に懲役8年判決「人命軽視で身勝手」

 養女との間に生まれた乳児を出産直後に殺害、遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた糸魚川市歌の無職、中村栄志被告(67)の裁判員裁判の判決公判が27日、新潟地裁(山崎威裁判長)で開かれた。判決で山崎裁判長は「人命を軽視する態度は甚だしく、極めて身勝手というほかない」として、中村被告に懲役8年(求刑懲役12年)の実刑判決を言い渡した。
 判決などによると、中村被告は平成26年7月上旬ごろ、自宅の2階寝室で、同居していた養女(31)=懲役4年の実刑判決が確定=に「泣く前にやってしまえ」などと乳児の殺害を指示。その後、遺体の遺棄に関わったとしている。
 これまでの公判で、中村被告は起訴内容を全面的に否定しており、弁護側も乳児の遺体が発見されていないことや、養女の証言が信用できないとして無罪を主張していた。
 争点になっていた養女の証言について、判決では「具体的で真に迫っており、被告人に罪をなすりつけるために虚偽の供述をしているとは考えにくい」などと、中村被告が乳児の殺害を指示したことを認定した。
 裁判後、弁護側は「結果的にこちらの言い分のほとんどが受け入れられず、遺憾に思う」と報道陣にコメントした。今後については中村被告の意向を聞いた上で、控訴も検討するという。
(6/28(木) 7:55 産経新聞)

このページへのコメント

避妊しなかったのに否認してるのか・・・

0
Posted by おいおい 2018年06月30日(土) 22:04:36 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます