報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

長岡の殺人未遂 懲役9年の判決 地裁 /新潟

 長岡市で元勤務先の同僚女性の父親を包丁で刺殺しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われた三条市西鱈田の無職、岸本和也被告(22)の裁判員裁判の判決公判が7日、新潟地裁であり、山崎威裁判長は懲役9年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。
 判決文によると岸本被告は4月14日、同僚女性宅で、女性の父親を包丁で複数回刺し、殺害しようとした。さらに、女性の母親の顔を包丁で切りつけた。
 山崎裁判長は動機について、検察側と弁護側いずれの主張も「そのまま受け入れることはできない」と述べた。一方、犯行の方法については、自宅のこたつで寝ていた父親を何度も切りつけたことから「同種事件に比べ危険であり、相当重い部類に属する」とした。【井口彩】
(2018年12月8日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます