報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元嘱託職員の女性に「この仕事向いてない」「給料泥棒」…パワハラ認定

 愛媛県西条市立の保育所調理場で同僚の調理員からパワハラを受けて退職を余儀なくされたとして、元嘱託職員の女性が市に約220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、地裁(梅本幸作裁判長)は3日、「給料泥棒」などと人格を否定する違法な言動があったと認め、市に慰謝料など約94万円の支払いを命じた。
 判決によると、女性は2017年4月から保育所で調理を担当。以前から勤務する調理員3人に威圧的な言動をとられ、「この仕事向いてない」「給料泥棒」などと退職を促すようなことも言われた。女性は同年6月にうつ病と診断され、退職した。
 梅本裁判長は言動について、「女性に指導する優位性に乗じ、業務の適正な範囲を超える精神的負荷をかけた」と違法性を認めた。
 西条市は「判決の詳細を把握しておらず、コメントできない」とした。
(2020/06/06 10:43 読売新聞)

西条市に賠償命令 同僚からパワハラ認定 地裁 /愛媛

 西条市が運営する保育所の嘱託の調理スタッフだった女性が、同僚からパワハラを受けてうつ病になり退職に追い込まれたとして、市に約220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で松山地裁は3日、約94万円の支払いを命じた。職場の同僚が業務の適正な範囲を超える精神的負荷をかけたと認定した。
 梅本幸作裁判長は、同僚による「この仕事向いてないなっていうのを覚えとってくださいね」と退職を勧めるような言動や「給料泥棒」など人格を否定する言動について「業務とも教育的指導とも関連がなく違法」と指摘した。
 判決によると、女性は2017年4月に市と1年間の雇用契約を結び、嘱託職員として保育所で勤務していたが、同年6月30日に退職した。
 西条市の担当課は「判決の詳細を把握していないためコメントできない」とした。
(2020年6月7日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます