報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

<松山地裁>今治女性殺害 被告に懲役19年判決

 愛媛県今治市の段ボール製造販売会社の敷地内で2月、同僚の女性(当時30歳)を殺害したなどとして、殺人と強制わいせつ致死の罪に問われた松山市山越6の元運送会社員、西原崇被告(35)の裁判員裁判の判決が13日、松山地裁であった。末弘陽一裁判長は「殺意は強固で、わいせつ行為も卑劣」などとして、懲役19年(求刑・無期懲役)を言い渡した。
 判決によると、西原被告は2月13日、一緒に荷物の搬入作業などをしていた女性に激しい怒りを感じ、両手で首を絞めた後、わいせつな行為をし、首にタイツを巻き付けて引きずるなどし、女性を殺害したとした。
 末弘裁判長は「突発的、衝動的に両手で首を絞めた」などと指摘し、強制わいせつ致死罪は認定せず、強制わいせつ罪が成立するとした。また、被告について軽度の知的障害などを認めたが、「影響は限定的」とした。【中川祐一】
(11月14日(水)0時36分 毎日新聞)

同僚殺害の男に懲役19年、愛媛

 愛媛県今治市の段ボール製造会社で2月、一緒に作業をしていた運送会社の女性社員=当時(30)=を殺害したなどとして、殺人と強制わいせつ致死の罪に問われた元同僚西原崇被告(35)の裁判員裁判で、松山地裁は13日、強制わいせつ致死罪の成立を認めず、懲役19年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。
 末弘陽一裁判長は、職場でのストレスや被害者への不満を募らせていたと指摘。「衝動的とはいえ、殺意は強固だった」とした。一方で、最初からわいせつ目的であったかどうかについて「合理的な疑いが残る」として、強制わいせつ罪が成立するにとどまるとした。
(11/13(火) 18:18 共同通信)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます