報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

金鉱山採掘への投資名目の現金詐取で有罪 福岡の会社と役員 松山地裁

 金鉱山採掘事業への投資名目で現金をだまし取ったなどとして、詐欺などの罪に問われた福岡市の会社役員小山省司被告(60)に松山地裁(末弘陽一裁判長)は19日、懲役3年、執行猶予5年、罰金100万円(求刑懲役3年6月、罰金100万円)の判決を言い渡した。
 小山被告が役員を務め、無登録で出資を勧誘したなどとして金融商品取引法違反罪に問われた同市のネットワークビジネス会社「WAO International」にも罰金300万円の判決(求刑罰金300万円)。
 起訴状によると、小山被告は平成27年3〜4月、実際は同社の事業資金などに充てる目的を隠し、福岡市の女性ら3人に「インドネシアの会社が金鉱山を開発しており、100万円投資したら配当がもらえる」などと持ち掛け、計400万円をだまし取ったなどとしている。
 また、WAO社は25年8月〜26年5月、国の登録を受けず、配当をうたって出資を勧誘したとしている。論告によると、同社は約660人から約3億5千万円を集めていたという。
(2017.12.19 12:33 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます