報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

花粉症のくしゃみで事故、裁判官「速やかに運転中止すべきだった」と有罪 3人死傷で松山地裁

 愛媛県今治市の国道で昨年4月に乗用車を運転中、花粉症による連続したくしゃみなどの症状で事故を起こし、3人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた県立高の教頭(54)=休職中=に、松山地裁今治支部は2日、禁錮3年、執行猶予4年(求刑禁錮3年)の判決を言い渡した。
 満田智彦裁判官は、被告が花粉症による目のかゆみやくしゃみなどの症状が激しくなった際、容易に駐車できる場所もあったのに運転を続けたと指摘。「事前に花粉症対策の薬を服用していたとしても、症状が出てしまった以上、速やかに運転を中止しなければならず、過失は軽いとはいえない」と述べた。
 判決によると、昨年4月23日午後2時35分ごろ、今治市内で乗用車を運転中、花粉症の症状で前方注視が困難になり、対向車線に車をはみ出させ、軽乗用車と正面衝突。軽乗用車に乗っていた女性=当時(61)=を死亡させ、同乗の息子2人にも重軽傷を負わせた。
(2018.2.2 19:43 産経WEST)

松山地裁今治支部 花粉症で死傷事故、教頭に有罪判決

 愛媛県今治市の国道で昨年4月、連続したくしゃみなど花粉症の激しい症状で車を対向車線にはみ出させ、衝突事故で3人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた同市矢田の県立今治北高教頭、藤沢一仁被告(54)に対し、松山地裁今治支部は2日、禁錮3年、執行猶予4年(求刑禁錮3年)の判決を言い渡した。
 満田智彦裁判官は「くしゃみや目のかゆみがひどくなってからも、容易に駐車できる場所もあったのに運転を続けたことで、前方注視が困難になった」とし、「過失は軽いとはいえない」と述べた。一方、被害者や遺族らに繰り返し謝罪していることや、二度と運転しないと誓約していることなどに触れ、「30年以上かけて築き上げた地位や名声を教職資格とともに奪われる見込みで、社会的制裁を受けている」と酌むべき事情も挙げた。
 判決によると、藤沢被告は昨年4月23日午後2時半ごろ、目のかゆみや連続したくしゃみなど花粉症の症状で前をよく見られなくなり、運転していた乗用車を国道317号の対向車線にはみ出させ、軽乗用車と正面衝突。軽乗用車に乗っていた女性(当時61)を死亡させ、女性の息子2人も加療約9カ月、約2週間の重軽傷を負わせた。【松倉展人】
(2018年2月2日 12時12分(最終更新 2月2日 13時36分) 毎日新聞)

花粉症状で交通死傷事故、高校教頭に有罪 愛媛・今治

 愛媛県今治市の国道で2017年4月に乗用車を運転中、花粉症による連続したくしゃみなどの症状で事故を起こし、3人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた県立今治北高の教頭、藤沢一仁被告(54)=休職中=に、松山地裁今治支部(満田智彦裁判官)は2日、禁錮3年、執行猶予4年(求刑禁錮3年)の判決を言い渡した。
 満田裁判官は、被告が花粉症による目のかゆみやくしゃみなどの症状が激しくなった際、容易に駐車できる場所もあったのに運転を続けたと指摘。「事前に花粉症対策の薬を服用していたとしても、症状が出てしまった以上、速やかに運転を中止しなければならず、過失は軽いとはいえない」と述べた。
 判決によると、昨年4月23日午後2時35分ごろ、今治市内で乗用車を運転中、花粉症の症状で前方注視が困難になり、対向車線に車をはみ出させ、軽乗用車と正面衝突。軽乗用車に乗っていた同市玉川町の無職の女性(当時61)を死亡させ、同乗の息子2人にも重軽傷を負わせた。〔共同〕
(2018/2/3 9:23 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます