報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

マグロ産地偽装 被告に有罪判決 地裁 /秋田

 メキシコ産ホンマグロを長崎県産と偽り販売したとして、不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))の罪に問われた横手市の水産物卸会社「横手水産物地方卸売市場」(和泉健一代表取締役)と元社員の佐々木大輔被告(34)の判決公判が16日、秋田地裁(杉山正明裁判官)であった。杉山裁判官は同社に求刑通り罰金150万円、佐々木被告に懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。
 杉山裁判官は、偽装は佐々木被告が行ったとした上で「常習的で、販売金額も1000万円を超えており悪質。同社も十分な監督をしておらず、その責任は看過できない」と指摘。一方、佐々木被告については反省の態度が見られるなどとして、執行猶予とした。
 判決によると、佐々木被告は同社でホンマグロの仕入れ・販売を担当していた2017年8月〜18年3月、メキシコ産ホンマグロ約3420キロを長崎県産と偽り、計93回にわたって仙北市のスーパーなど3店に販売した。【高野裕士】
(2020年1月17日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます