報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元自衛官に懲役4年6月、秋田地裁 秋田市の陸自宿舎放火

 秋田市広面の陸上自衛隊宿舎の自室に火を付けたとして、現住建造物等放火の罪に問われた元秋田駐屯地第21普通科連隊2等陸曹の被告(30)=住所不定、本籍横手市平鹿町=の裁判員裁判判決公判が27日、秋田地裁であり、杉山正明裁判長は懲役4年6月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決理由で杉山裁判長は「自室以外にも火災の影響を及ぼす危険性があり、悪質な犯行。自殺目的という動機は浅はかで身勝手だ」と述べた。
(2019年11月28日 秋田魁新聞)

官舎に放火した元自衛官に実刑 地裁判決 /秋田

 入居する秋田市の官舎に放火したとして、現住建造物等放火の罪に問われた陸上自衛隊秋田駐屯地の元2等陸曹、柴田光樹被告(30)の裁判員裁判で、秋田地裁(杉山正明裁判長)は27日、懲役4年6月(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決で杉山裁判長は放火が自殺目的だったと指摘した上で「周囲にも火災の被害が及ぶ危険性があった。浅はかで身勝手」と述べた。
 判決などによると、柴田被告は今年5月、仕事の悩みなどから自殺を決意し、鉄筋コンクリート3階建ての官舎の自室に計約45リットルの灯油をまいて火を放ち、約65平方メートルを焼いた。当時官舎には他の隊員の家族ら4人もいたが、けが人はいなかった。柴田被告は7月に懲戒免職となった。【高野裕士】
(2019年11月28日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます