報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

損賠訴訟 国に5万円賠償命令 受刑者への信書職員検査 地裁判決 /秋田

 秋田刑務所長が弁護士からの信書の内容を職員に検査させたのは違法などとして、同刑務所の元受刑者が国を相手取り損害賠償300万円を求めた訴訟で、秋田地裁(綱島公彦裁判長)は1日、元受刑者側の主張を一部認め、国に5万円の支払いを命じた。
 判決によると、元受刑者の弁護士は2016〜17年、「秋田刑務所に対する国家賠償請求訴訟に関する信書」「開封厳禁」などと書かれた信書を刑務所に3度送付。職員は封筒をいずれも開封し、内容を検査した。
 綱島裁判長は「信書の内容が弁護士の職務に関する内容に限定されているかを確認する検査は許容されていない」と指摘。「受刑者に対する公平な裁判を受ける権利保障が不十分になる可能性を招く」として、慰謝料5万円の支払いが相当と結論づけた。【川口峻】
(2019年3月2日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます