報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

肺治療薬の副作用で失明、市立秋田総合病院に165万賠償命令

 肺の治療薬の副作用についての説明が不十分だったため両目を失明したとして、秋田市の60代男性と妻が市立秋田総合病院を相手取り、約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、秋田地裁(斉藤顕裁判長)は16日、原告側の主張を一部認め、男性に165万円を支払うよう病院側に命じた。
(2018年2月16日 秋田魁新報)

損賠訴訟 病院に165万円賠償命令 薬で失明、副作用説明義務違反 地裁判決 /秋田

 薬の副作用の説明が不十分だったため両目を失明したとして、秋田市の60代の男性と妻が、市立秋田総合病院に計約1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、秋田地裁(斉藤顕裁判長)は16日、165万円を男性に支払うよう病院側に命じた。
(2018年2月18日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます