報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

秋吉・新高裁長官が抱負 分かりやすい裁判へ努力 /香川



高松高裁長官着任の記者会見に臨む秋吉仁美氏=高松市の高松高裁で、喜田奈那撮影

 高松高裁長官に秋吉仁美氏(63)が着任し、21日、高松市内で記者会見を開いた。「分かりやすい裁判、利用しやすい裁判所へ向けて、管内の裁判官らと協力して精いっぱい努めて参りたい」と語った。就任は3日付。
 秋吉氏は、これまで主に民事裁判で医療訴訟に長く携わったという。患者の遺族は何が起こったかを知り、病院側が再発防止に向けて取り組むという形で和解した事件では、「(原告と被告が)前向きに進むための一助に司法がなるんだと実感した」と語った。
 裁判を取り巻く情勢については「IT化が、利用しやすい、分かりやすい裁判に寄与できる可能性を秘めていると感じている」とし、「コロナ禍で、人との接触を減らしながら裁判を迅速、適正に実現していくために、大変貴重なツールになるのではないか」と述べた。
 秋吉氏は東京都出身で、上智大法学部卒業。司法研修所教官やさいたま家裁所長を歴任した。【喜田奈那】
(2021/9/22 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます