報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女児5人に強姦や強制わいせつ 元自衛官に懲役11年

 山口県と鹿児島県で計5人の女児に触ったり、性的暴行を加えたりしたとして、強制わいせつや強姦(ごうかん)などの罪に問われた海上自衛隊鹿屋航空基地の元第1整備補給隊2等海曹上園大作被告(44)=同県姶良市西餅田=の判決公判が26日、鹿児島地裁であった。岩田光生裁判長は「極めて卑劣な犯行」などとして、懲役11年(求刑懲役13年)の実刑を言い渡した。
 判決によると、上園被告は2011年7月〜12年1月、山口県内の当時の被告宅などで女児(当時8〜9歳)1人に対し、4回にわたって性的暴行を加えた。19年5月〜10月には、鹿児島県内の公園のトイレや乗用車の中などで、女児計4人(7〜11歳)の着衣を脱がせて体に触ったり、携帯電話で撮影したりした。
 岩田裁判長は強姦について、女児の遊び相手となり家族と交流する中で繰り返されたとし「信頼や(女児の)未熟さにつけこんだ極めて卑劣な犯行」と指摘。強制わいせつなどについても、女児らと遊ぶ中で一連の犯行に及んだとし「常習性は顕著で、いずれも悪質」と述べた。(三沢敦)
(2020年5月26日 18時27分 朝日新聞)

女児に性的暴行の元自衛官懲役11年 鹿児島地裁判決 /鹿児島

 小学生の女児に性的暴行を加えたなどとして強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの罪に問われた元海上自衛隊鹿屋航空基地所属の2等海曹、上園大作被告(44)=鹿児島県姶良市=に対し、鹿児島地裁は26日、懲役11年(求刑・懲役13年)の判決を言い渡した。
 岩田光生裁判長は「無防備な被害者らと遊ぶ中で一連の犯行に及んだ手口は卑劣。常習性も顕著で悪質だ」と述べた。
 判決によると、上園被告は2011〜12年の4回、山口県内で当時遊び相手となった8歳の女児に性的暴行を加えたほか、19年には7〜11歳の別の女児4人に計7回にわたり、わいせつな行為などを繰り返した。上園被告は19年11月に鹿児島県警に逮捕され、20年4月に自衛隊を懲戒免職となった。【白川徹】
(2020年5月27日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます