報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

交際相手を死亡させた女 懲役5年の実刑判決

 2020年3月、枕崎市で車にしがみついた男性を運転したまま振り落とし死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた女の裁判で、鹿児島地裁は懲役5年の実刑判決を言い渡した。
 判決を受けたのは枕崎市桜山東町の無職、上園裕香被告(40)。判決によると、上園被告は2020年3月、酒気帯びの状態で車を運転し、交際相手の枕崎市塩屋北町の作業員、草野一さん(当時33)が車のワイパーにしがみついた状態にも関わらず500メートル以上車を走らせ、路上に振り落とし死亡させた。
 9日、判決で鹿児島地裁の岩田光生裁判長は、「被害者の生命、身体に深刻な被害を及ぼしかねない危険な運転」と指摘。「車の前に立ちふさがるなど被害者の行動に行き過ぎた面があったことは否定できないが、酒気帯び状態であり車を発進させる必要はなかった」として、懲役5年の実刑判決を言い渡した。
(2020.10.09 19:17 日テレ)

浮気疑う交際男性に車にしがみつかれ、路上に振り落とし死亡させる…女に懲役5年判決

 酒気を帯びた状態で車を運転し、車体にしがみついた交際相手の男性を振り落として死亡させたとして傷害致死罪と道交法違反(酒気帯び運転)に問われた鹿児島県枕崎市桜山東町、無職上園裕香被告(40)の裁判員裁判で、鹿児島地裁(岩田光生裁判長)は9日、懲役5年(求刑・懲役6年)を言い渡した。
 岩田裁判長は「被害者が浮気を疑い、深夜に被告宅を訪れるなど行き過ぎた面があったことは否定できない」とする一方、「危険な運転で、被害者が死亡しており結果は重大」とした。
 判決によると、上園被告は3月14日午前3時頃、同市宮前町の駐車場で、前方に立ち塞がった草野一さん(当時33歳)に向けて車を発進。草野さんが車にしがみついていると認識しながら、酒気を帯びた状態で走行して路上に振り落とし、外傷性ショックで死亡させた。
(10/10(土) 13:34 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます