報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

“天文館ひき逃げ”  74歳男に執行猶予付き有罪判決 鹿児島

 去年11月、鹿児島市の天文館で横断歩道を渡っていた男性をはねて逃走し、ひき逃げなどの罪に問われている男の裁判で、鹿児島地裁は5日、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、大阪府大阪市の無職 原口義昭被告(74)です。
 判決によりますと、原口被告は、去年11月、鹿児島市山之口町の県道で、軽自動車を運転中、青信号で横断歩道を渡っていた宮崎市の会社員の男性をはね、そのまま逃走し、男性は頭の骨を折るなどの重傷を負いました。
 判決公判で、鹿児島地裁の井草健太裁判官は、「事故後、救護や報告をせずに現場から立ち去った犯行は卑劣だが、被告は犯行を認め、反省の態度を示している」などとして、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。
(2/5(火) 19:10 鹿児島テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます