報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

大和村 男性殺害事件 懲役12年の判決

 去年8月、奄美大島の大和村で、知人の男性を殺害した罪に問われている男の裁判員裁判が、13日に鹿児島地方裁判所で開かれ、男に懲役12年の実刑判決が言い渡されました。
 判決を受けたのは、大和村戸円の無職・篠原和幸被告(53)です。判決によりますと篠原被告は去年8月、大和村の路上で知人の馬屋原一さん(当時67)の胸や腹をサバイバルナイフで刺し、殺害したものです。
 弁護側は「被告は統合失調症で、犯行当時、心神喪失の状態だった」として無罪を主張していました。13日の裁判員裁判の判決で、鹿児島地裁の岩田光生裁判長は、「誰かを脅してうっぷんを晴らそうとした犯行で、殺意は認められる。善悪の判断能力はあった」として、篠原被告に検察側の求刑通り、懲役12年の実刑判決を言い渡しました。
(11/13(火) 19:40 南日本放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます