報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

性的暴行 元NHK記者に懲役21年判決 山形地裁

 2013〜16年にかけて山梨、山形両県で女性3人に性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)致傷(刑法改正で「強制性交等致傷」に名称変更)などの罪に問われた元NHK山形放送局記者、弦本康孝被告(29)の裁判員裁判で、山形地裁は25日、懲役21年(求刑・懲役24年)の有罪判決を言い渡した。
 被告は一貫して無罪を主張したが、児島光夫裁判長は3件とも被告が起こした事件と認定し、「常習性が認められ反省の態度がなく、再犯の恐れがある。被害者の処罰感情も厳しい」と述べた。一方、弁護側は控訴するか明らかにしなかった。
 裁判では、現場などで採取されたDNA型が被告のものと一致したとする鑑定の信用性が最大の争点となった。
 児島裁判長は「犯人以外のDNAが混入した形跡はない。被告と同じDNA型の出現頻度は約8垓(がい)4000京(8兆4000億の1億倍)分の1で、偶然の一致はあり得ない」として、別のDNAが混入した可能性があるなどとした弁護側の主張を退けた。その上で「就寝中の無防備な被害者を襲った。その後の精神的苦痛や日常生活への悪影響は大きい」と断じた。
 判決によると、弦本被告は13年12月と14年10月に山梨県内、16年2月に山形県内で、いずれも当時20代の女性宅に侵入して暴行し、うち2件で女性にけがをさせた。
 弦本被告は11年4月にNHKに入局し、甲府放送局に配属。15年7月に山形放送局へ異動した。17年2月に逮捕された後、懲戒免職となった。【的野暁】
 NHKは毎日新聞の取材に「被害に遭われた方や関係者、それに視聴者の皆様に改めて深くおわび申し上げます」とコメントした。【井上知大】
(2018年4月25日 13時35分(最終更新 4月25日 19時40分) 毎日新聞)

性的暴行3件の元NHK記者に懲役21年 山形地裁判決「再犯の恐れある」

 山梨、山形両県で20代の女性3人に性的暴行を加えたとして強姦致傷などの罪に問われた元NHK記者、弦本(つるもと)康孝被告(29)の裁判員裁判の判決公判が25日、山形地裁で開かれ、児島光夫裁判長は懲役21年(求刑懲役24年)を言い渡した。
 弦本被告は一貫して無罪を主張していたが、児島裁判長は犯行現場に残された遺留物のDNA型鑑定結果は信頼ができるとして「犯人であることを推察できる事実が存在し、被告が犯人である」と認定。「再犯の恐れがあり、被害者が厳罰を望んでいる」と述べた。
 判決などによると、弦本被告は平成28年2月23日午前4時半ごろ、山形市内の20代の女性宅に侵入し、「おとなしくしていれば、殺さない」などと脅し性的暴行を加えたほか、山梨県でも25年と26年に20代の女性宅に侵入し、性的暴行を加えた。
 公判で検察側は「常習的な犯行で反省の態度がなく再犯の恐れがある」と指摘。現場遺留物のDNA型が被告のものと一致するとした検察側の鑑定結果に、弁護側は「混合などの疑念があり証拠として適切ではない」などとしていた。
 被告の弁護人は「控訴するかどうかは弦本被告と接見後、決める」と話した。
(2018.4.25 14:54 産経ニュース)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます