報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

障害者暴行死 元介護職員に懲役5年 札幌地裁判決

 札幌市東区で2019年7月、訪問介護先の障害のある男性に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死罪に問われた同市豊平区、介護職員太田幸司被告(25)の裁判員裁判判決公判が17日、札幌地裁であった。駒田秀和裁判長は「寝たきりで意思疎通も難しい被害者への暴行は悪質」として、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 死亡した男性は同市東区の無職山下茂樹さん=当時(35)=。
 判決理由で駒田裁判長は、太田被告が山下さんに約2時間、断続的に殴る蹴るの暴行を加えたと認定。同被告が15日の被告人質問で「分からない」と繰り返した暴行の動機については「業務のストレスや、仕事が思うようにいかない劣等感、いらだちといった負の感情が噴出したと考えられる」と述べた。
(01/17 20:27 北海道新聞)

「寝たきりの被害者への暴行は悪質」元介護職員の男に懲役5年 札幌の障害者"傷害致死"事件

 訪問介護していた男性を暴行し死亡させたとして傷害致死の罪に問われている元介護職員の25歳の男の裁判員裁判で、2020年1月17日、札幌地裁は男に懲役5年(求刑6年)の実刑判決を言い渡しました。
 裁判長:「主文 被告人を懲役5年に処する」
 被告は裁判長の方をじっとみつめ、判決を聞いていました。
 札幌・豊平区の元介護職員、太田幸司被告(25)は2019年7月、訪問介護していた札幌・東区の山下茂樹さん(当時35)の顔などを複数回なぐり死亡させた傷害致死の罪に問われています。
 これまでの裁判で、太田被告が2時間にわたり断続的に山下さんに暴行を加えていたことや、過労状態の中で勤務していたなどの主張がされてきました。
 1月17日の判決公判で札幌地裁の駒田秀和裁判長は「寝たきりで意思疎通も難しい被害者に対して、複数回にわたり暴行に及んだのは悪質というほかない」「休み変更が断られるなど被告の業務内容や勤務状況を考えると同情できる面もあるが、正当化されるものではない」として、太田被告に懲役年の実刑判決を言い渡しました。
(1/17(金) 20:10 北海道文化放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます