報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

逮捕歴の検索結果、グーグルに削除命じる…札幌地裁

 インターネットの検索サイト「グーグル」で自身の逮捕歴が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、不起訴となった男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟の判決が12日、札幌地裁であり、高木勝己裁判長は原告側の訴えを認めた。検索結果の削除を命じる判決は異例。
 訴状などによると、男性は2012年7月、当時住んでいた北海道内で女性に性的暴行を加えたとして、強姦ごうかん(現・強制性交)容疑で道警に逮捕されたが、その後、嫌疑不十分で不起訴となった。
 男性は、不起訴後もグーグルで検索すると、逮捕記事が表示されるとして、18年12月に提訴。同社は「検索結果は社会的関心が極めて高い」などとして、請求棄却を求めていた。
 検索サイトからの逮捕歴の削除を巡っては、最高裁が17年の決定で、「検索結果を提供する必要性を、公表されない利益が上回るのが明らかな場合」にだけ削除を認めるとの考え方を示していた。
(2019/12/12 13:47 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます