報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

高1自殺訴訟で賠償命令、札幌

 2013年3月に札幌市の北海道立高校1年の男子生徒=当時(16)=が自殺したのは、吹奏楽部の顧問教諭が「指導」名目で精神的に追い詰めたのが原因だとして、母親(51)が道に約8400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(高木勝己裁判長)は25日、約110万円の賠償を命じた。生徒に対するいじめや、教諭の指導に問題があったとは認定しなかった。
 訴状によると、生徒は13年1月、所属していた吹奏楽部の部員からメールや無料通信アプリLINE(ライン)で中傷されるなどのいじめを受けて孤立した。
(2019年4月25日 / 13:50 ロイター)

高1自殺と教諭の指導との因果関係認めず 母親が“パワハラ”原因と訴えた裁判 札幌地裁 北海道

 6年前、札幌の道立高校の男子生徒が自殺をしたのは部活の顧問によるパワハラが原因だとして、男子生徒の母親が道に損害賠償を求めた裁判で、25日、札幌地裁は判決で原告の主張を退けました。
 この裁判は、2013年3月に自殺した当時高校1年の男子生徒の母親が、吹奏楽部の顧問が指導名目で精神的に追い詰めたとして、道におよそ8400万円の損害賠償を求めているものです。
 25日の判決で札幌地裁は、自殺と教諭の指導との因果関係を認めませんでした。
 一方、学校側がいじめのアンケートの原本を廃棄するなど対応に問題があったとして、道に110万円の賠償を命じました。
 「子どもを追い詰めるようなものが指導とは私は思えない」(男子生徒の母親)
 男子生徒の母親は、今後、控訴を含め対応を検討しています。
(4/25(木) 19:28 北海道放送)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます