報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

岩見沢の死体遺棄 無職男に有罪判決 札幌地裁

 昨年12月に岩見沢市内の山林に札幌市白石区の女性=当時(19)=の遺体を遺棄したとして、死体遺棄罪に問われた同市北区、無職長谷川剛拓(こうたく)被告(31)の判決公判が8日、札幌地裁であり、平手健太郎裁判官は懲役1年、執行猶予4年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。
 平手裁判官は判決理由で、長谷川被告が友人の指定暴力団山口組系暴力団員、神智慶(じんとものり)被告(31)=死体遺棄罪などで公判中=から遺棄の相談を受け、土地勘のある遺棄現場まで案内するなど重要な役割を果たしたとし、「遺体を発見の困難な雪深い山中に遺棄し、遺族の感情を害する悪質な犯行」と指摘。一方で「神被告の主導で、長谷川被告は従属的だった」として執行猶予を付けた。
(06/08 17:00 北海道新聞)

19歳女性遺棄 関与の男に有罪判決 札幌地裁

 昨年12月に札幌市の女性(当時19歳)の遺体を北海道岩見沢市内の山中に遺棄したとして、死体遺棄罪に問われた札幌市北区、長谷川剛拓被告(31)の裁判で、札幌地裁は8日、懲役1年、執行猶予4年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。
 平手健太郎裁判官は判決で「車のトランクルームに遺体を移動させたり、遺棄場所に峠を提案するなど、重要な役割を果たしている。遺族感情を大きく害しており、悪質な犯行」と指摘。一方で、「事件の関与は従属的なもので、反省の態度も示している」として執行猶予とした。
 判決などによると、長谷川容疑者は昨年12月14日、札幌市中央区内のホテルから女性の遺体を運び出し、同市北区内まで移動させてトランクルームに入れた。15日に車を運転して岩見沢市内の山中の雪上に放置した。【源馬のぞみ】
(2018年6月8日 11時07分(最終更新 6月8日 11時18分) 毎日新聞)

岩見沢19歳女性死体遺棄 共犯の男に有罪判決 「発見困難なところに放置し悪質」 札幌地裁

 北海道岩見沢市の山中に当時19歳の女性の遺体を遺棄したとして、男3人が死体遺棄などの罪に問われた裁判で、札幌地裁は共犯者の男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 札幌市の飲食店経営・長谷川剛拓被告(31)は2017年12月、知人の神智慶被告と当時19歳だった札幌市白石区の三好邑璃さんの遺体を、岩見沢市の山中に遺棄した死体遺棄の罪に問われています。
 8日の判決公判で札幌地裁の平手健太郎裁判官は「遺体を発見困難な雪深いところに放置する遺族感情を害する悪質な犯行で、峠を提案し、道案内をするなど果たした役割は重大」とする一方で、「事実を認めて反省の態度を示している」として、懲役1年の求刑に対し、懲役1年執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。
(6/8(金) 12:22 北海道文化放送)

19歳女性遺棄、共謀の31歳男有罪 札幌地裁

 北海道岩見沢市の山中で2月、札幌市に住む女性=当時(19)=の遺体の一部が見つかった事件で、別の男と共謀し遺体を山に放置したとして、死体遺棄の罪に問われた同市の飲食店経営、長谷川剛拓被告(31)に、札幌地裁(平手健太郎裁判官)は8日、懲役1年、執行猶予4年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。
 起訴状などによると、長谷川被告は昨年12月14日、札幌市のホテル客室で女性が死亡していることに気付いた同市の飲食店経営、神智慶被告(31)=死体遺棄罪などで公判中=から連絡を受け、共謀して女性の遺体を車に乗せて隠し、翌15日に岩見沢市内に運んで山中に放置したとしている。
 道警によると、女性は神被告が経営するバーに出入りしていたが行方不明となった。被告らへの調べに基づき山中を捜索し、今年2月24日、雪の中から遺体の一部を発見した。
(2018.6.8 10:44 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます