報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ススキノのひき逃げ 危険運転致傷、懲役3年6月 札幌地裁判決 /北海道

 札幌市中央区の市道交差点で10月に歩行者の男性(23)が重傷を負った交通事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの罪に問われた札幌市清田区の会社員、星大樹被告(22)に対し札幌地裁(向井志穂裁判官)は27日、懲役3年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。
 判決によると星被告は10月6日深夜、飲酒運転で札幌市中央区のススキノで市道を走行中、赤信号を意に介さずに時速約50キロで交差点に進入。青信号に従って横から来た車と衝突し、衝撃で歩道にいた男性をはね左ひざから下を切断するなどのけがをさせてそのまま逃走した。
 向井裁判官は「極めて危険な行為で結果も重大。救護義務を果たさず、無責任で身勝手きわまりない」と指摘。一方で、「自ら出頭し、正直に供述をするなど深く反省している」と量刑の理由を述べた。【源馬のぞみ】
(2018年12月28日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます